7月2日
 「Salzburg マリファナとHARRYBAR」
   
Salzburg旧市街
夕飯レストラン
マリファナさそわれた橋から
HarryBarのオヤジと
うんこしてスッキリ。
宿泊したホテル

index     next→

さて、このページから何回かは、さっぱりサッカーハナシはなくなる。というのも、今回の旅はメインはなでしこでありながら、重要なサブとしてふたつの大きな目的があった。少し説明すると、今回の行程はFrankfurtから入国し、ゲームはLevekusenとAugsburgの2試合。AugsburgはMunchenから1時間以内の立地のため、7/3以降の3泊はMunchen泊とした。ここまでは、当然サッカー中心の行程。しかしながら、7/5のイングランド戦まで他国のゲームを観戦することに何となく躊躇していたオイラの隙をつき、トモコさんがシュバインシュターガーだか、シュワルツェンベックだか忘れたが、そんなような名前の城観光に行きたいと言い出したのだ。なんでも、2006年ドイツの際、知り合いの新婚夫婦がそこに観光して、とても良かったということを聞き出したらしい。そして不幸、もとい幸いなことにその城はMunchenからバス観光で行ける場所だというのだ。こうして7/4は城観光と決定してしまった。

ならば7/3はどーするか?ベテランガイドのなおちゃんが言い出す。
「おにーちゃん、ザルツブルグはミュンヘンから近いよ。」
何!Salzburg!実はオイラにとってSalzburgとは、聖地なのだ。理由は少し恥ずかしいのだが、この地を題材としたミュージカル「サウンドオブミュージック」は、オイラの青春のかなり比重の高い思い出だからである。こうして7/3はサウンドオブミュージックツアーが決定し、なんと海外で2日もサッカーに関係ない観光という行程となったのである。

さて、ハナシは7/2に戻る。
この日の目的はSalzburgへの移動、及び市内観光。9:14Leverkusen発、KolonMesseで約10分の待ち後、ICEでMunchen(14:09)、さらに乗り換えてSalzburg(16:09)という行程。で、このまま素直に行けば問題ないのだは、ベテランガイドのなおちゃんが、
「Messeで止まる電車が中央駅に止まらないわけはない。だから中央駅まで行こうよ。」と言い出す。たしかにKolon中央駅は2006年に6泊した思い出の地だから駅周辺を少しだけでも散策できたらいいなと思い、その提案を採用して中央駅まで行った。そしたら、なんと目的とするICEは中央駅に止まらない!あわててMesseに戻って、なんとかギリギリでICEを捕まえた。結構あせった。

こうしてMunchen乗り換えで、いよいよあこがれのSalzburgである。長旅のオシマイということもあったが、何だかオイラは高揚していた。ウキウキしていた。そんでもってホームに降りる時、思わず歌ってしまったね。
"Maria makes me laugh"

その後、新市街にとったホテルに荷物を預けて、旧市街へ。その前にサウンドオブミュージック縁の場所、ミラベル庭園や最後にトラップファミリーが隠れていた教会墓地のモデルとなった場所にも行ったが、それらは明日のページで触れるのでここでは省く。

んで、なおちゃんが見つけていた観光系のレストランで夕飯して、ワインで酔っ払って旧市街から新市街にあるホテルに戻る大きな橋にさしかかった時、若者から声をかけられる。
"I'm from Rotterdam"
この日も代表ユニを着ていたオイラだから、サッカーハナシにひっかかってきたと思った。なんだぁ、吉田まやかカレンか、はたまた藤田か、と思ったら、「マリファナいらないか?」だって。
確かに怪しい恰好とカオしているしなぁ、オイラ。

もちろんマリファナを買うわけはなく、そのままホテルへ戻ろうとする。が、途中でうんこがしたくなった。ホテルまでは後1〜2分、なんとか持つとも思ったが、結構ヤバイ状態になってきたときに見つけたのがBar。ためらわずに入りトイレを借りた。そしたら、なおちゃんもしたかったらしく、兄弟でうんこした。さすがに悪くて、3人でビール2杯とバーボン1杯を頼んだ。そのBarを出て屋号を見たら、"Harry Bar"。なんか、トイレを借りるに最適の名前だった。

こうしてバカらしく3日目の夜は終わりを告げた。

index     next→

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO