Forza Azzuri
HOME
「A!(オイラの本名)考課表の打合せ始めるゾ」
午後4時、ウチの部長に呼ばれた。ふ、ふざけんなぁー、オイラこれから”さいたま”じゃ。4時30分には会社をフケたいんじゃ。マジでやばい…。この部長、話しを始めるとゆうに1時間は超過するのだ…。
「はい、そうですね。おっしゃるとおり、ごもっとも。そうそう、あなたは正しい。はいはい。」
言われたことは全部賛成。口答えなし。そして4時40分に会議終了。OK!と、ぼくは東京駅にむかったのでした。

この時間で混雑!?

王子で南北線に乗り換え、浦和美園駅到着は午後5時40分、この時間で駅は大混雑であった。駅自体小さい
のでしかたないが、改札数が少なく、また精算した人とそうでない人の流れが最後改札前でバッティングしていることが渋滞の原因らしい。もう少し手際良くできないかな?
でも、駅付近で帰り道ルートの情報を配布していたのには○。何よりも必要なのは情報、ということがやっとわかってきたみたいだ。で、あの歩行者専用道路を歩きスタジアムへ。
途中で柏サポが「柏の葉全面移転反対運動」をやっていたので、署名しておいた。何と言っても「専用」が1番だからね。

FORZA AZZURI

自分の席(メインSA席)は一度来ている(さいスタオープンの時、現地チェックした)ので、迷わず行けた。誘導の人も、空いているゲートの案内等をしていて実にスムーズだった。なかなか良い出だしである。

そうこうしているうちに、選手紹介が始まる。
「まずはイタリアチームから。GKブフォン…」アナウンスが開始されるが、何だかチンケだ。そうか、イタリアはアウェイだもんな。あったりまえか。というぼくは、ミランのユニにミランのマフラー。そう今日だけは、半日イタリアンなのである。で、とりあえず音程のないしなびたアナウンスに併せて、右手をナナメ45度に上げ”OLE!”と叫ぶ。でも、アナウンスがしなびているのと、周囲が日本人ばっか(あたりマエダのクラッカー)なので盛り上らない。つまんねー。外国かぶれの東京スタジアムが少しだけ恋しくなった。
満員のさいスタ GKはソガハタだぁ??

ゲーム開始。波戸がアレックス様にチェックに行く。「バカヤロー、アレックス様だそー」
稲本がトッティを潰す。「いいぞぉ、ファンファンクーロ、ローマ!!トッティはケズレーーー」
あーあ、どっちの応援かわかんなくなってきた。そんな時、小野の粘り、稲本のクロスから柳沢が右アウトサイドの省エネボレー、もとい芸術的ボレーが決まる。「どひゃーーー」アズーリに先制しちまった。さらに、どっちの応援かわかんなくなる。愛するピッポの点はみたい、ガットゥーゾの汚い、もとい魂のプレーも観たい、でも日本にも勝って欲しい。あーあ、わかんねぇーーー。

遂に1−0で前半を折り返す。まさかが現実になる可能性がほんの少し期待できそうな気がした。で、後半はミランのユニを脱いで日本代表を応援しようと思った矢先、ベルガモの田舎にいちゃんにゲットされる。以後は硬直。トルシエさんもメンバーをとっかえひっかえ出して、負けた時の言い訳を考え始めたようだ。で、そのまま1−1で引分け。考えてみれば、あのイタリアに引分け。いくら相手のコンディションが悪いといってもすごいことだ。

と思いながら、そう言えばオフトの時もユーベと2試合引分けたよな、そんなもんか、との思いもあった。
どっちにしても、たかがフレンドリーマッチ。いまいち燃えない自分自身の贅沢さ(昔は、日本VSインドネシアで燃えたモン)を幸せに感じた。で、僕的本日MVPは戸田!理由はモヒカンをやめたから。ファンタジーのかけらもないけど、守備もしっかり安定していたしね。ついでに、もうひとつ。西澤はいらない。

ハーフタイムはよっこらしょ

◆今日一:帰りのシャトルバス
今回は帰りの情報がいろいろ入っていた。最終電車に間に合わないとか、なんたらかんたら。主催者側も昨年の宮城から新潟、鹿嶋、大分と続いた帰りアクセスの問題にやっと気付いたようだ。情報も十分伝達されているようで、たしかにゲーム終了前に席を立つ観客が多かった。で、何かオイラも少しだけあせってしまって、終了5分後位には席を離れた。

スタジアムを出るまで、これはひどかった。2階席から1階に降りる階段の幅が狭く、階段で大渋滞。ついでにカテゴリー毎(もっと細かかったのかな?)に出入りを区切ったため、トイレも大渋滞。こんなことは、宮城以来の経験だった。しかし、スタジアムを離れると逆にすんごい。ぼくは北越谷行きのバスで帰ったのだが、途中の誘導もバツグンでたしか22.00にはすでに北越谷駅に到着していた。こんなスムーズな帰りアクセスは今迄の中で最高。さいたま!エライ!

ところで、浦和美園駅で長く電車待ちした観客の談話が新聞に掲載されていた。長く待ったことに文句タラタラで、シャトルバスがあったことを知らなかった、もっときっちり広報しろ!だと。バカ言ってんじゃねーよ、シャトルバスの件は、イタリア戦の告知(広告)には全て記載されていたし、何しろチケット自体にも記載されている。単純に情報収集を怠った(というか、不注意の極み)オマエがアホなだけじゃねーか。こんなアホの文句も聞かなくてはいけない主催者側に今回は同情するよ、まったく。

ということで、楽しかったイタリアンの1日は無事終了しましたよ。もし、本大会で対戦したら?当然ぼくは我が日本代表を応援するよ。イタリアなんかファンファンクーロ!クソ食らえだね!なんてたって本番だもんね!
じゃーね。

HOME
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO